医学部の受験料の違いとそのレベルの違いに関連性はありません

医学部の受験料は高額であるが大学への寄付金が含まれていることも多い

医学部の受験料は高額であるが大学への寄付金が含まれていることも多い / 大学受験をスムーズに行うためには費用の仕組みを十分に理解することも必要 / 有効なお金と時間の使い方をする意味で、専門予備校が非常に効果的

医学部の受験料は高額であると言われることも多いのですが、実際にはこの金額には大学への寄付金が含まれていることも多いものです。
正確には受験料と寄付金は項目はいるのですが一般的に支払わなければならない金額と一緒にされていることも多く、そのために高額であると言われることも多くなっています。
基本的に国立大学の場合にはほぼ一律であり、その後の寄付金が大学によって、あるいは学部によって異なることになるため、医学部の場合には高く設定されていることが多く、これが高額であると言われる理由になっていることが多いのです。
そのため単に受験をするだけであれば、比較的安く済むことができる場合も多く、これを知っている学生は複数の大学を受験すると言うことも多くなっています。
一般的に大学を受験する場合には私立大学と公立大学を両方を受験すると言うケースも少なくありません。
受験日程が異なる場合には複数の大学を受験し、どちらかが合格をした場合にはその大学に留学をするというのも1つの選択肢となっています。
第一志望校に入学が認められる場合にはこちらを優先することも多いのですが、第一志望校に合格ができない場合はあらかじめ合格をした他の大学に入学をすると言うことも多く、結果的にそちらの方が良いと言うケースも少なくありません。
そのためその費用である受験料の問題は経済的に大きなものとなってくることが多いのです。
しかしこの費用は一般的には私立大学の方が高額になっていることが多いものです。
その理由は国公立の場合は法律で決められた金額に沿って設定されていることになりますが、私立大学の場合には法律の規定がないために自由に決めることができるのがポイントです。

上氏と米山氏の共通点は灘高→東大医学部
受験勉強だけ図抜けて得意な人は、社会にとって有害な場合が多い。

私の個人的知り合いでも思い当たる事例がある。
https://t.co/LPqVpHEf4b

— Hideki Kakeya (@hkakeya) February 27, 2020